良質な睡眠にするには生活習慣を変えて自分に合った寝具にする

睡眠の質を向上する方法

婦人

睡眠についての悩み

ほとんどの人が睡眠についての悩みを持っています。しかし、この悩みは習慣を変えれば改善することができるのです。ですから、睡眠の質を上げる習慣を知って身につけておくことが重要になるでしょう。せっかく購入したフロアーベッドで気持ちよく寝るためにも、努力することです。

就寝時間を一定にする

1日のリズムが一定でないと、ホルモンの分泌が不安定になり自立神経がうまく機能しないようになります。その為、これらを正常に機能させるために基本的な生活リズムを決めておくようにしましょう。そうすることで、睡眠の質を上げることができます。

すっきり起きるタイミングを知っておく

睡眠は90分単位にすると良いと言われています。それは、90分間隔でレム睡眠が起きるからです。このレム睡眠は、寝ながらにして脳が起きている状態なので目覚めがすっきりします。その一方、ノンレム睡眠の時に起きると脳も寝ているので目覚めが悪くなってしまうのです。ですから、レム睡眠のタイミングを見計らって起きるようにしましょう。

寝心地の良い寝具にする

睡眠の質を上げるには、例えば、購入したフロアーベッドの寝具を自分に合ったものにする必要があります。寝具の中でも、マットレスは非常に重要な役割をするでしょう。マットレスには、低反発や高反発があるので寝心地が良いものを選んで使用することが大事です。

布団のカバーは肌触りの良いものにする

布団カバーは、寝ている間に直接触れるものです。その為、肌触りが良いものを選ぶことで睡眠にも良い影響を与えてくれます。また、カバーやシーツは定期的に洗濯して清潔にしておきましょう。

パジャマも睡眠に影響を与える

このように生活のリズムやカバーなどが睡眠に関係すると紹介しましたが、実はパジャマの素材を変えることで、寝苦しい夜もしっかりと睡眠がとれます。さらに、冬であれば保温性があるので朝まで冷えることはないでしょう。こういったところにも気を配ってみるといいです。